テーマ別

2011年09月01日

「10年後の8月に向けて」―エピソードあべ―

こんにちは!
最近髪を切りすぎて若干後悔しているあべこーです!

昨日まで行われていた「10年後の8月企画」ですが、
おかげさまで大盛況のまま終えることができました」!
ご来店してくださった皆様、本当にありがとうございました!

個人的には、未来に想いを馳せながらちょっぴりセンチメンタルな気持ちにさせてくれるような
いい企画だったなーなんて思ってます!

ちなみに、皆様に書いていただいた「夢シート」は10年後まで大切に保存させていただきますよ^^(ちゃんと次代のスタッフに引き継ぎますからねー)


さて、今回は香山さんに引き続き、イベントにちなんだブログを書かせていただきます。
「10年後の8月に向けて」ということで。


10年後、自分はなにしてますかねー。

ちなみに10年間というのは、ちょうど自分の野球暦と被る時間なんですよね。
小学校の3年から高校3年までやってたんです。
ちなみに小学校の頃は、イチローみたいな超一流の野球選手になりたいなーなんて思ってました^^
当時の僕からしたら、今の僕の姿なんてイメージすらできなかったと思いますw

確かに小学校〜大学ってのは当然めまぐるしく考えが変わる期間だし、
知らないことが多すぎて未来を想像できないのは当たり前だと思います。

でも、今の僕ってのは大学1年の時ですらイメージできなかった姿だと思います。
もっと言えばホントに2年の冬くらいまでw

でも、僕は今の自分が割りと好きです。
そして、10年後もそんな生き方をしてたいなーなんて思ってます。

過去に自分が思ってたこととかに縛られずに、
その時の自分の価値観を大事にしながら、
あとは気付いたら自分が想像もしていなかった場所にいるような、そんな生き方をしてたいです。

そんなことを考えるようになったのも、大学に入って「出会い」とか「縁」とかいうものの大切さに気付いたからだと思います。
10°barとの出会いも含めて。

でも、出会いとか縁ってのは待ってるだけでは来なくて、
自分が譲れないと思う大事なものを持っている、いわゆる「自分を持っている」人にこそ
来るべき縁や出会いが訪れるんだと思います。

だから、これからは先の未来をはっきりとは想像しないんだけど、
しっかりと自分を持って、自分を磨いて生きていきたいなーなんて思ってます!


以上です!ちょっと長くなりました!

「10年後の8月企画」、自分の生き方を見つめ直すいい機会でした!
ではでは!


ブログランキングに投票お願いします!




bababar123 at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月06日

キャパ王やまむぅ♂とノンキャパ王あべこーの「出会い」

どうも、最近はもっぱらカメ岡で通ってます、
あべこーです!
詳細はお店で聞かないでください!

今回は例のごとく、
10°一キャパがない男ことあべと早稲田一キャパがある男こと山室さん
との出会いについて綴りたいと思います!

それじゃいきまーす。


僕が初めて山室さんと会ったのは、確か1年の秋頃だったと思います。
山室さんがまだ10°barに入りたての時でした。
(スタッフとしてよりお客さんとして接した期間のが長いんですよね。)

当時、僕はサークルの先輩によく10°barに連れて行ってもらっていました。
山室さんは入りたての時からすでに存在感抜群で、
ワケわかんないことを大声で口走りまくっていて、
初めて会った時の印象は「こんな面白い人もいるんだなぁ」くらいな感じでした(笑)

そして2年になり、
僕もちょいちょい一人で通うようになり、
山室さんともよく話をするようになりました。

細かくは覚えていませんが、
サークルのことやら何やら色々相談に乗ってもらっていた気がします。
最初は面白い人だなぁくらいにしか思っていなかったのですが、
色々話をしているうちに、次第に山室さんと話したいなーとか、
山室さんのとき行きたいなーとか思うようになっていました。

そして2年の冬。
また例のごとくちょいちょい通っていた僕は、
山室さんにこれからの大学生活どう過ごしていこうかなーとか相談していました。
2年間完全にサークル中心の生活を送っていたのですが、
色々あって今年からは違った過ごし方をしてみようと思ったからです。

そんな僕に、10°barのスタッフという選択肢を与えてくれたのが山室さんでした。

結局割りと長いこと悩んでから決断したんですが、
今思えば初めから気持ちは決まっていたような気がします。

もちろん色々理由はあったんですが、
「山室さんと一緒に働いてみたい」
っていうのが、スタッフ入りを決めたかなり大きな理由のひとつだったのは事実です。


10°barには、カウンターの中でしか過ごすことのできない特別な時間があります。

この、僕にとってどうしようもなく意味のある時間を作ってくれた山室さんには
返しきれないくらいの大きな恩があります。

だから、短い期間だけど「こいつ入れてよかったな」って
思わせる働きをすることが少しでも恩返しになるんじゃないかって、
そう思ってこの4ヶ月ちょっとの間カウンターに立ってきました。

まぁ山室さんに褒められたこととかほとんどないし
毎日「あ、おす」って言われてばっかりだったし笑
もしかしたらその思いは叶わなかったかもしれないけど、
その分はこれから10°のスタッフとして成長した姿を見せていくことで返していきたいです。


とにかく
山室さん、今まで本当にありがとうございました!!

ふぅ…







あ○○!!!!!!!


とりあえず今日は飲みましょw



bababar123 at 13:44コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月13日

500万円あったらどうする? エピソード♂

おはようございます!!
最近の趣味は健康的生活を送ること
店長のやまむぅ♂です。
皆様、お元気ですか??

今回は500万円あったらってことなんですが、
こういうテーマだとネタに走り出してしまう僕なのですが、今回は事実そうなったらどうするかって仮定の元考えてみます…

100万円は一日で使い(一日限定スーパーリッチデー)
400万円は将来のために貯蓄

一日限定スーパーリッチデー、物に残る物は買ったりしません。食事やら遊びやらガチバブリーに使って、小金持ち体験をしたいと思います。そして、その結果、将来やっぱりお金は少ないより多いほうが生活の質が上がるんだと実感したいのです。
そして、そんな夢のような生活目指して、頑張るのです、これからの人生を!!

貯蓄に関して。マジメか!?って感じなんですけど、いやぁ最近母親とかから聞くわけですよ、大人になってから子供を育てるのは大変だと…いゃぁすみませんってしか言えないんですけど。こんな400万円貯めたところでって思うかもしれないですけど、将来無いよりは全然
よいじゃないですか!!とかとか、養育費、結婚資金だったり…つかお前、結婚できんのか??って話ですけど…
まぁあれですね、そりゃーやっぱ人間というか、この日本の文化の下、やっぱり将来幸せな家庭、築きたいとか思いますよー!!こんな僕でも。

要するに、お前、マジメか!?って話なんですけど、
マジメでうぃーじゃなーぃw
そんなマジメな話も、くっだらねー話も、たーくさん出来る10°barをこれからも作っていきますからぁ〜!!

うぇっ!!


やまむぅ♂(twitter:@yamam00 最近FaceBook始めました)



bababar123 at 08:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月09日

500万円あったらどうする?エピソード和

和士です!おっす!
今回のテーマブログは500万円あったらどうする?
だそうです。
500万円。僕にとって未知数な金額であります。
お店も作れるし学費も払えるし引越しもできるし…
うーん。何にしよう。

ここは敢えて「夢」を買ってみたいと思います。


僕がもし500万円持っていたら…



「25Mプールいっぱいのコーヒーゼリー」



を作ります!いぇい!
あまり知られていませんが僕はコーヒーゼリー大好きなのです!



それではシミュレーションしてみたいと思います。
最初に25mプールの容量を確認。
最近良く言われる「25mプール○○個分削減!」
というのは400m3=4000000ccで計算されているそうなのでこれを参考にします。

次に材料。
・水…9万6000円(賛否両論あるかと思いますが敢えて水道で)
・粉ゼラチン…5g/300cc=30円 66667g/4000000cc=40万円
・砂糖…13g/300cc=4円 173333g/4000000cc=53333円
・インスタントコーヒー…10g/300cc=130円 1333333g/4000000cc=1733333円
・その他諸々(プールレンタル料等)…100万円

計 328万2666円

やったー!できたー!
本番ではゴーグル海パン着用。
右手にホイップを左手にミルクを、という装備で挑戦したいと思います。

掃除どうするの?
とか
ちゃんと固まるの?
とかは一切考慮しません。
残り180万くらいあるしどうにかなるっしょ!がはは!



ということで今回は328万円のコーヒーゼリー作り方講座でした!
あーい!














bababar123 at 21:33コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月07日

500万円あったらどうする?―エピソードあ―

どうもー!
入店して約二週間、ひとり立ち目指して日々奮闘してます
あべこうです!

最近お店では、常連のエディーさんとの甲子園トークが非常にアツかったです(笑)
みなさまスポーツのトピックなら是非あべこうまで。(現役スタッフはスポーツ系みんなだめですからねー)
特に野球ならアマチュア,プロ,MLBなんでもいけますよー!

さて、新米の僕もテーマブログ参戦します!!

今回のテーマはと言いますと、

(ジャジャン)

「あなたは500万円手にしたらどうしますか?」

というわけでね・・・


まぁなんだ・・・その・・・苦手分野ですよ。こういうのは。

ご存知の方もいらっしゃるかも知れないのですが、
あべは良くも悪くも現実的なものの考え方をするタイプでして・・・
こういう大喜利系のテーマは苦手です(笑)

就活の面接で聞かれたら詰みますね。祈られます。

んなこと言ってても仕方ないので、
前置きはこのくらいにしていきますよー!



もし阿部浩平が500万円を手にしたら、ズバリ、

自分で学費、生活費を払ってもう一年大学にいる

でしょうね!


(「いやいや500万とか関係なく留年するっしょ」とか言った君、うるさいよ)



大学3年にもなると、やはり残された時間を意識せざるを得なくなると思います。

しかしその一方で、自分が本当にやりたいこと、やるべきことが今までよりもたくさん頭に浮かんでくるとも思います。

僕の場合は3年になってようやく勉強の面白さや必要性が少しはわかるようになってきましたし、あとは語学勉強、読書、旅行なんかもしたいと思うようになってきました。マラソン挑戦なんかもしてみたいです。

これらは社会人になったらなかなか簡単にはできなくなってくると思います。

やはり「金はないけど時間はある」学生のうちに、経験できることは経験して社会に出たいという気持ちが強いです。

だから、僕は500万も手にしたら大学生活を一年延ばすことを選ぶと思います。


ただ、やはりこういう考え方は甘いんだろうなーとは思います。
「時間さえあれば」っていつも言ってる人は、時間があっても同じことを言う場合が多いと思うからです。

僕の好きなあるミュージシャンは
「時間はいつだって必要な分より短いもんだ」
と言っていました。

まさにその通りだと思います。
大学生活1年延ばしたら、それはそれでまた1年ってことになるかも知れません。(就活とかとの兼ね合いはありますが)

僕らは結局、与えられた時間で最大限の生き方をするしかないんでしょうね。(真面目かっ!)
だから、一日一日を大切に生きていこうと思います!(真面目かっ!)


以上、あべこうのテーマブログでしたー 

いやー真面目!

こいつなかなかおもろいやんけ!とか思ってくれた方、是非お店で真面目で深めな話でもしましょう↑↑

ではでは!


学生ブログランキングの方もよろしくお願いします!


bababar123 at 19:12コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月06日

500万円あったらどうする? エピソード翔

どうもー
いつもながら書くのが遅いふるーちぇこと本名

古内 翔(かける)

です。だいたいショウって間違えられます。かけるです。


さてさて今週のテーマブログは「あなたは500万円手にしたらどうしますか?」というわけで、久保さんのお客様ブログをはさんでの書き込みでございます。


10°bar開店資金は500万円。
となれば店を作れる額ってわけですよね。
んーつくるかなー。迷っちゃいますねw

僕は今の劣悪な居住環境に耐えられないので
高田馬場・早稲田の高級物件にすみます!
今500万円をもらったとして、家賃約20万ぐらい(高級物件ってこれぐらいかな?)の物件に残りの学生生活(2年)すむとして

初回契約(たしか家賃の四カ月分)
20万×4=80万
20万×24ヵ月=480万円



なくなった

むしろオーバーw


まぁ、もっと安い物件に住むことにしよう…
半分ぐらいを新居にあてて

残り250万円。

さてさて
これでもかなりおいしいいことができますね。
高級バー、高級料亭、高級キャバクラ、高級ソープ…exe

まぁ高級ばっかりじゃなくてもいいかな!

100万円ぐらいで海外旅行いきたいですね。

お客様でジョジョ5部に出てきた場所を訪れるイタリア旅行をされた方がいらっしゃったので、僕もイタリアを旅したいですね!

各地でジョジョ立ちしたり><

お金があれば世界中いきたいですね!
イギリス…城をめぐったり、道端の泥水で口をすすぎたい
アメリカ…おばあちゃんと一緒にレストランにいきたい
メキシコ…『メキシコに吹く熱風!』という意味のサンタナというのはどうかな!
エジブト…バクシーシ!
イタリア…船は二隻あった!
ケネディ宇宙センター…ドアフレームに突っ込みたい


さて書いていけばきりがありませんね。

最終的に良い家に住んで、うまい飯を食べて、親孝行ができれば十分ですわ!

はい。

最終的にはやっつけですね。

次は誰かな!?
それではまた☆

↓↓ こっちもよろしくっす! ↓↓



bababar123 at 18:38コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月03日

お客様ブログ―パート2

こんばんわ!
最近暖かくなってきてようやく春だなー、と思ってたら一転して今日は寒いですね><。
香山です(*゚∀゚)っ

さてさて、今回の記事は「お客様ブログ」です!
この度ブログを書いてくれたのは、早稲田大学商学部をこの春に卒業された久保さんです!
久保さんは早稲田大学三大行事の一つである「百キロハイク」を個人で歩いてきました!

ではどうぞ↓↓↓

初めまして、10°bar常連(?)の久保拓也です。

3月に早稲田大学を卒業し、今では社会の担い手として仕事に精を出しています。
10°barには1年生の終り頃から良く通うようになり、それから丁度3年ほど経ちます。

そんな僕が今回書かせていただきたい事は、「節目」についてです。

ご存じのとおり、東日本大震災によって多く “普通の事”が出来なくなっています。
その1つが「卒業式」でしょう。

各大学の判断で、多くの卒業式が中止となりました。それらはただ憎むべきものではなく、様々な要因から導き出された英断と捉えてよいと思います。

その判断は正しい、しかしその一方で、僕ら卒業する人間はどのように“節目”を迎えればよいのだろう。そんな思いが胸の内に燻っていました。

その時に出たアイディアが、「“節目”として自主的に125km歩く」と言うものでした。
所謂、早稲田の三大行事の1つ通称百ハイを個人でやってみようと言うアイディアです。

実際、歩くかどうかは相当揉め、(いやだって絶対後悔するし)結局、とりあえず半分という取り決めの下歩くことに。

【当日の流れ】
26日12時スタート。
■1区(15kmぐらい?)→楽勝
■2区(25kmぐらい?)→ややきつい。が、何とかなるか?
■3区 (25kmぐらい?)
→orz。夜道を歩くのは非常に怖いが、何より寒い(最低気温1℃)。入間に着く事深夜1時。相方は前日のオールが祟り、協議の末リタイア。ここから個人戦。
■4区(10kmぐらい?)
→意外や意外、4区はあっという間に終了。深夜の所沢キャンパスに侵入(合法です)、■5区前半(14kmぐらい?)
→リアル肝試しをしながら懐中電灯一本で暗い砂利道を歩く恐怖(途中にある地蔵の庵やら鳥居は本当に恐怖)。何故か所キャンの近くはやたらとホテルが多い。お金がないのか車の中でいちゃつくカップルを横目にちら見するのを忘れず、気づけば5区の半分を終え、新青梅街道に(朝7時)。
 ■5区後半(14kmぐらい?)
→寝ているのか歩いているのか分からない苦行僧の様な気持で歩き続け、途中自転車と車に何度も轢かれそうになりながら早稲田学院に到着。
そのころにはすっかり足も腫れ上がり、「生まれたての小鹿の方がまだ歩くの上手でしょう」と言われんばかりの足取りに変化。
■休憩
→圧倒的な注目度の低さの中、駆けつけてくれたサークルの同期による労いが待っており、6区を攻める大きなステップへ。
■6区(14kmぐらい?)
→気づいたら大隈講堂の前に。特に記憶なし。最早何も考えずに歩いていました。リアル苦行僧。

この百ハイ後、多くの人に「すごいですね」と半ば呆れられつつ驚嘆されるのは、その道のりを“自主的に”、“半分1人で”、“寝ずに”、実行したからでしょう。

正直辛かったです。それでもどうにかなったのは、精神的に参っている時に来たtwitterからの連絡やメール、電話による応援のおかげです。今まで出会ってきた人、初めてtwitterで絡んだ人など多くの人からの支援により、なんとか達成できたわけです。


僕はこの一連の出来事を“節目”として、次のステップに進もうと思います。


きっと、働き始めたらもっと多くの出会いと刺激があるだろうから、それを時々10°barに持ち込めたら、後輩に少しでも伝えられたらいいなと思っています。

 
皆様、10°Barで会いましょう。


いかがでしたか?(*・ω・)ノ
いや、実は僕は早稲田に4年もいて、未だ「百ハイ」に出たことはないんですよね…。
今年度は必ず出て、完歩目指したいと思います!

ではでは☆

学生ブログランキング参加中!



bababar123 at 05:28コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月01日

500万円あったらどうする?―エピソード香

ごきげんよう!
ブログ更新率下がっていて申し訳ありません、かやまです!

さてさて、今回のブログのテーマは…

「あなたは500万円手にしたらどうしますか?」

です!!

500万とはどんな数字かというと、
これって10°barの開業資金なんですね。
2006年に、初代創設メンバーは500万円という資金を使って10°barという空間を作ってくださり、
2011年を迎える今、僕たちがその空間を引き継いでいます。

もしこの金額をもし手にしたら、いったい自分は何に使うのか?
と、いうのが今回のテーマです。

500万円あったら何ができるのかと色々ぐぐってみたところ
「開業」や「貯金」、「旅行」が主なところですね。「借金返済」なんてものもありました。

悩んだのですが、僕がもし500万円を手に入れたら
親に学費を返金する

不肖ながら、4月から5年目に突入する大学生活(1年生を2回やっているので4年生ですが)。
他の学生より余分にお金がかかる+一人暮らし+私立大学
という感じで、僕の背中には莫大なお金が…。

これはあくまで個人的な考えなのですが、親は子供に金銭的援助はできる限りしてやるべきだと思います。
なぜなら、次の時代を作っていくのはその子供たちであり、投資という考え方もできるし、また、子供の将来の様々な可能性を金銭的理由などから潰してほしくないからです。
ただ、そんなある種当然と思えることでも、実際にやってきてくれた親は本当に凄いと思うんです。
自分はもし今子供を作ってしまっても、子供に対する責任を果たすことができないと思うので、作りません(あ、その前に相手が)。

冗談はさておき、今までは息子のために使ってくれたお金をそろそろ自分たちのために使ってほしいという意味を込めて、全額とはいきませんがその一部でも返金したいですね。

以上です!
次は誰かな??ヾ(´ω`=´ω`)ノ




bababar123 at 05:16コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月26日

あなたにとって「別れ」とは? エピソード和

こんにちは!

暖かかったり寒かったりと春の兆しが見えたり見えなかったりな今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

久しぶりにブログ更新させていただきます!カズシです!



「春」
それは別れの季節ですね。

かくいう私も二年前の春、故郷福岡別れ東京に出てまいりました。
そしてちょっとの不安と大きな希望を胸に早稲田大学の門をたたきました。

「出会いがあれば別れがある」
使い古された言葉ではありますがこれは真理だと思います。

では「別れ」はどのような意味を持つのでしょうか。



それはやはり「次へのステップ」なのでしょう。

「出会い」は素晴らしいものです。特に人との出会いは強く心に残るものだと思います。

ただ、人生において出会いだけを数珠のように繋いで生きることはできません。
ちょっとした出会いにも運命的な出会いにも別れは必ずついてきます。

ただ、別れてしまえば出会った事実は無意味になってしまうのでしょうか。もう会うことが無ければ出会った意味はないのでしょうか
決してそんなことはありません。

出会った思い出はずっと自分の中に残るものです。
人も街もみんな変わり続けてもそれだけは変わらないものです。
思い出を胸に自分がちょっと変わる、そして次の出会いを求め一つステップを踏む。そのステップこそが別れなのです!いぇい!




はい!以上カズシでした!
謎の陳腐な人生観をここまで読んで頂いてありがとうございました!

次のテーマブログもお楽しみに!




bababar123 at 12:51コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月25日

あなたにとって「別れ」とは? エピソード古

みなさまお久しぶりです。ふるーちぇです。

地震でもろもろ遅くなってすいません。
久しぶりのブログでございます。

みなさま最近はいかがお過ごしでしょうか?
僕はtwitterや2chなどを見ながら引きこもり生活を満喫していました。

いっきに「魔法少女まどか☆マギカ」を見たんですが、あれは良作ですね。
ぜひ続きを見たいところでございます。


あと本日は早稲田大学の卒業証書授与ですか?
ご卒業されます方々、おめでとうございます!
社会人になっても飲みにきてくださいね^^


さて、テーマブログに戻りましょう!

今週(てか先々週ぐらい?)のテーマは

あなたにとって「別れ」とは?

ですね。
先に申しますと「出会い」と「別れ」というこの季節からテーマを選定しましたので(先々週ぐらいに)、この災害を意図して書くものではありませんので不謹慎!などとは思わぬようお願いいたしまする。


さて、出会いあるところに別れあり。

サークルをやってる方々は新入生を迎えるために新歓の準備を整えながらも、お世話になった先輩たちの卒コンや追いコンの準備をしたりと、日本のこの季節はなんとも出会いと別れが共存するものでございます。

10°barでは日々多くの出会いがありますが、その分多くの別れもあります。一見さんの方で来てくれたのにそれが最初で最後だったり。なんて寂しいこともあります。

僕にとっての別れとは

次に会うときはもっと成長した自分を見せてやる!と思う場面です。

次に会うのあいつかわかりません。もしかしたら一生会うことはないかもしれません。

でも次あったときに「前会ったときとはかわったね。成長したね。」と見せられたらいいなぁと思っているのです。

だから僕にとって別れとはあまり悲しいものじゃないんですよね。
切磋琢磨する期間というか。

心の奥底では「また絶対に会える」と根拠のない自信があるんでしょうねw

そんな前提があれば別れなんて悲しくないんです。

ふられたって悲しくないんで…


出会いあるところに別れあり
別れあるところに出会いあり

別れに泣き、出会いに感謝する季節!
みなさま多いに泣き笑い語りあいましょー☆

それでは!


復活企画!今日のフィリピン語講座

Pilipina ba kayo?(あなたはフィリピン人ですか?)

Hindi.Hindi ako Pilipina(いいえ、フィリピン人ではありません)



学生ブログランキングもヨロシクデース




bababar123 at 15:03コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月11日

あなたにとって「別れ」とは?―エピソード♂―

やまむぅ♂です!!

こんにちは!!早起きは清々しいものです!!
いい天気だなぁ…
ってもう昼ですけど…

ということで早速。
久しぶりのテーマブログということです。
今回のテーマは「別れ」
僕にとっての別れは…


『今の自分を煽るキッカケ』


です。
別れがある度に僕の中で、自然と今の自分よりもでっかく成長しなきゃという煽りが発動するのです。

これからのビジョンの明確さが伴ってなくても僕の場合勝手に煽りが発動します。僕にとってはすごくそれが有意義に機能してくれるんですw

勉強でも、仕事でも、恋愛でも、友達でもなんでもなんでも。

だって、今まで、過去の自分負けたくないじゃないですか??
要は意地ですよね。
周りからも馬鹿にされたくないですし。

そんな煽りが勝手に生まれるから幸せなものです。

なんか、すごくポジティブなことばっか言ってますが、
別れには、その度その度、脳天に突き刺さるような悲しさ、寂しさも伴うものだと思います。死別だったり、失恋だったりがいい例でしょうか??

別れはそんな悲痛さを伴うがために人を強く、厚みのある人間に成長させていくんだと思います。

そんな別れという出来事は僕にとって結局ポジティブな影響を最終的に及ぼすわけです!!

どんだけ楽観的だよってみなさん思うかもしれませんが、一度きりの人生、人生終わる瞬間まで一日一日可能な限りハッピーに生きたほうがいいじゃないですか!!

てな、感じでここいらでお開き!!

次は誰かなー??


学生ブログランキングもよろしくお願いします!!



bababar123 at 11:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月08日

あなたにとって「別れ」とは―エピソード香―

こんばんわー( ・∀・)ノ
最近お腹回りがデンジャラスなので、「7日間メリハリボディプログラム コアリズム」を購入した香山です。
これで余分な脂肪を落としたら、「ビリーズブートキャンプ」に挑戦したいと思います。
目指せソフトマッチョ!って感じです。

さてさて、今回のテーマは…「あなたにとって別れとは?」です!
3月は、ある意味では「別れ」の季節。
そんな「別れ」について、スタッフ各々に語ってもらいます!

それでは、さっそくいきましょう。

「別れ」って言葉を聞くと、普通マイナスのイメージですよね、なんとなく悲しいような。
僕もこう見えても辛い別れを色々と経験してきたつもりなのですが、今回は少し違ったお話を。

僕の実家は埼玉県南埼玉郡のある町で、けっこうな田舎です。
コンビニの駐車場は大きなトラックが何台も停車できるほど大きいです。
ていうか、コンビニなんて徒歩で行けません。
梨畑がたくさんあります、牛がモーモー鳴いております、タヌキがたまに走っています。

そんな田舎で4歳から15歳まで過ごしました。

15歳の冬、高校受験、、、
成績も中の中だった僕は県内の中くらいの高校ならどこでもいいと思っていました。

そんなとき、当時個人塾的な所で英語を習っていたのですが、そこの先生が
「高校は東京に行ってみたら?」
とおっしゃってきたのです。

親も賛同し、僕は正直どこでもよかったので、東京にある私立学校を受験し、合格。
併願して合格した埼玉の私立高校が60だったのですが、僕が入学した高校は少し低い55くらい。

16〜18歳の思春期の間に、地元を離れて東京に出てきてよかったと思っています(´▽`)

完全に「田舎っぺ」だった僕は、最初のほうは馬鹿にされたりもしましたが(笑)
同じ学年には、千葉、神奈川、栃木や同じ埼玉から来ている人たち、もちろん都内からも来ている人たちがいて、もし埼玉の高校に通っていてこの人たちと出会ってなかったら今の自分はたぶん早稲田にいません。
そう思うと少しぞっとしたりもします(゚A゚;)

当時、地元の閉鎖的な環境と違って、東京は漠然と刺激に満ちて、可能性に満ちた場所だと思っていました。
そこで自分が育った地元と、東京で起こったことを相対化していたんだと思います。
今では、ほとんど地元に戻ることなく、親不幸な息子に…。たまには地元に帰ろう。
あ、決して地元に留まることがダメと言っているわけではなく、僕の場合そうだったというだけです(;´Д`)

地元との別れ、それはある意味「新たなスタートライン」でした!
別れって「新たな可能性を秘めているもの」だったりするんですね。

それでは!
次は誰かなー♪

学生ブログランキング参加中です!



bababar123 at 03:44コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月23日

フリースタイル エピソード∞

どうも!
最近はPS3が無いのにキャサリンというゲームを買ってしまい、友達の家にいりびたりしているふるーちぇです。

完全にゲーム脳になってしまい頭が弱くなっています



ブログを書きたいと思います☆


今週はstaff二人の誕生日があり、二人は誕生日について。
僕と香山の二人はフリースタイルテーマでございます。



さて何を書こうかと思いますと

僕の人生を10°以上かえてくれたアニメ

「無限のリヴァアス」

アニメ好きの方でもなかなか知られていない神アニメですが、

エヴァとか攻殻機動隊を見てアニメ好きと言ってる方に是非見てほしいアニメです。

以下概要(Wikipediaより)
2137年、大規模な太陽フレアによって出現した高密度のプラズマ雲が、黄道面を境に太陽系の南半分を覆いつくし、地球も南半球が壊滅、17億もの人命が失われる被害を受ける。このフレアは「ゲドゥルト・フェノメーン」、プラズマ雲は「ゲドゥルトの海」と名付けられた。
2225年、地球の衛星軌道にあった航宙士養成所リーベ・デルタは、何者かの襲撃によって制御不能になり、ゲドゥルトの海へ突入してしまう。しかしその時、リーベ・デルタ内部に隠されていた外洋型航宙可潜艦「黒のリヴァイアス」が起動した。
教官たちは全員殉職し、リヴァイアスに避難できたのは少年少女ばかり487人。なぜか彼らは、自分たちを救助してくれるはずの軌道保安庁から攻撃を受け、戸惑い、混乱しつつもこれと戦い続ける。閉鎖された極限状態にある艦内では、艦の指揮権や物資の配給を巡って、少年少女同士が陰惨な争いを繰り広げながら、火星圏から土星圏、天王星圏へと当てのない逃避行を続けていく


はい
SF漂流青春ロボットアニメといいますか
あまりロボットはでてこないし、青春というほどすがすがしいものじゃなく人間関係のどろどろさが出ていて良い味でてます。

ウィアルム・ゴールディングの小説「蝿の王」などをベースにつくられていまして、この小説もおすすめです。


「黒のリヴァアス」に残された子供たちが救ってくれる存在の大人たちに狙われ、しかし子供たちだけで戦い抜いていく。


登場人物がかなり多いため、なかなか覚えられないと思いますが、一人一人が存在感があり、リヴァイアスへとかかわっていきます。
なかでもリヴァイアスという閉鎖空間の中で行われる、子供たちだけの権力争いや、だんだんと精神崩壊していく仲間たち…

ゴールデンタイムのアニメなのにそんなシーンだしていいの!?と石原都知事に怒られそうなところもあったり。。

複雑な子供たちの関係や心理変化、トラウマ…かなり奥の深いアニメです。

なかでも主人公の親友だったイクミが暴走していき、リヴァイアス内での独裁政治をしだすところなど少年たちの変化、成長もみてとれます。

ぜひ見てください!!!!!



ちなみに僕の人生を10°以上かえた漫画は

「ジョジョの奇妙な冒険」

これはちょっと文章にできぬ思いがあるので
店で熱く語りあいたいところです。

ちなみに僕企画で「ジョジョナイト」をやりたいと思いますがみなさんどーでしょう?
ちょっと楽しそうと思ったらコメントきぼんぬで!!

それでは!



学生ブログランキング参加中です!




bababar123 at 16:30コメント(1)トラックバック(0) 

『聖なる酔っぱらいの伝説』

おはようございます!
最近ダイエットのため、コアリズムを再開した香山です!
2年ほど前にやっていたのですが、そのときの効果は抜群!
くびれがやばい
あのくびれよ、再び!みたいなノリで始めました。

さてさて
今日はちょっと本の紹介タイムです

ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っ払いの伝説』("Die Legende vom heiligen Trinker")1939 池内紀訳 白水ブックス

皆様はヨーゼフ・ロートという作家をご存知でしょうか?
世紀末ウィーンを代表する作家の一人で、その人生は奔放かつ悲壮的なものでした。
当時、ハプスブルク家の領地であった東ガリシアというところで、ドイツ系ユダヤ人として生まれたヨーゼフは、ウィーン、ベルリンに移り住み、第一次世界大戦に従軍し、ジャーナリストとしてヨーロッパ各地を放浪したあげく、ヒトラーが政権を獲得した後は、フランスへ亡命。パリで病死しました。
ウィーン大学で学ぶ中、第一次世界大戦が勃発。大戦終了とともに、オーストリア=ハンガリー二重帝国が崩壊したことによって、それまで築き上げた多民族国家が消えてしまいました。
ドイツ系ユダヤ人という、ポーランド人やウクライナ人からみれば権力の側、ドイツ人やオーストリア人からみれば中途半端なものとして、どこにも属することができなかった存在。
そんな微妙な立場にいたドイツ系ユダヤ人が拠り所にしていた、多民族国家という枠組みが崩壊し、彼らは行き場を失ってしまいました。ヨーゼフ・ロートもそのような現状にあったそうです。
どこにも属することのできな存在、それはヨーゼフ・ロートにとっては過去、失われた多民族国家を取り戻す活動の起点になったように思えます。
そして、二重帝国への郷愁が絶望へと変わり、ロートは酒に溺れていきます。

毎日のように自殺の衝動に襲われるなかで、アルコールはいのちをちぢめるものであったかもしれないが、少なくとも「眼前の死」は阻んでくれた。(「解説」池内紀 p.168)

「聖なる酔っ払いの伝説」はある一つの「奇蹟」から話は始まります。
パリのセーヌ川にかかる橋の下で、ホームレスであるアンドレアスがある謎の紳士からお金を受け取ります。
「それはそれとして二百フランを受け取ってもらえないものだろうか。…」(p.8)
返済に関しては、パティニョルのサント・マリー礼拝堂の小さな聖女テレーゼに納めてくれという。

「身はボロ服をまとっていても心は王さま、アンドレアスは威風堂々と市民用の食堂へやってきて、テーブルに腰をすえた。」(p.13)
無一文であった者がいきなりお金を手にすると、懐が大きくなるものである。この後アンドレアスは理髪店で髭を剃り、身なりを整える。

奇蹟は続くものである。
アンドレアスは、昔の恋人カロリーヌと出会い一晩を過ごす。過去への甘い郷愁、しかし、流れ去った時間は消せないものだ。
「ふと横を見た。右にカロリーヌがいる。きのう、出会ったときには目にとまらなかったが、息が苦しげで、老いていく女の朝の眠りをねむっている。わが身に流れ去った歳月を思い、わが身に生じた変転を思い知った。いますぐ起き上がって、出ていくとしよう。」(p.30)

アンドレアスは、旧友で、今は有名なサッカー選手カニャックとも出会う。
「ひと目で両名には相手がわかった。立ったまま小学校のころのことを語りあい、つづいていっしょに食事にいった。愉快なこと、この上ない。」(p.41)

しかし、はじめに紳士から受け取った二百フランはどこへやら、アンドレアスは飲み代として使ってしまうのである。
「ポケットに金をもつ人特有の落ち着きぶりで、アンドレアスはペルノーを注文した。さらには人生において、すでにどっさり飲んできた人におなじみの沈着さで飲みほした。二杯目、ついで三杯目。杯ごとに薄める水の量が少なくなる。四杯目のとき、それがはたして二杯目なのか、それとも五杯目ないし六杯目にあたるのか、わからなかった。」(p.23)

それでも度重なる奇蹟の結果、なんとか二百フランを持って礼拝堂へ向かおうとするアンドレアス。しかし、彼はバッタリ床に倒れてしまう。最後のシーンは、少し長いですが本文で味わってみてください。
「われらのかわいそうなアンドレアスは、こんなわけで控え室にかつぎこまれた。無念にも、彼にはもはや口がきけない。ただちょっとした仕ぐさをした。小さな貸し主さまに返すべき金を納めた左の内ポケットに手をのばす仕ぐさ。『ほら、テレーズさま!』最後に一つ、大きく息をして、こと切れた。
神よ、われらすべてのものどもに、飲んだくれのわれら衆生に、願わくは、かくも軽やかな、かくも美しい死をめぐみたまえ!」(p.68-69)


たしかに、ヨーゼフ・ロートは「現実からの逃走」のためにお酒を飲んでいたかもしれません。しかし、この作品を読むと、1つの奇蹟、1つの悦びを十分に堪能する生に貪欲な姿も見えてくると思うんです。その結果として、美しい死もあるんですね。

長々と失礼致しました!

ちなみに、作中に出てくる「ペルノー」は10°barにあります!
独特な味わいをぜひぜひ楽しんでください!
pernod-paris



ではでは(*・ω・)ノ

学生ブログランキング参加中です!



bababar123 at 07:16コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月15日

あなたにとって「学生」とは?エピソード和

こんにちはー!
久しぶりのブログ更新!和士です!

今回のブログ、テーマは「学生」。


学生経営を謳う10°barにとって「学生」というのは永遠のテーマかもしれません。
 


不肖・上原和士、僭越ながら学生について語らせていただきたいと思います。


 
僕が思う学生とは
「打算無しに社会と向き合える自由な存在」
であると考えています。


例えば「学問」。
大学といえばどこかの学部に所属し、様々な学問を学ぶのが一般的です。僕自身商学部に所属し、来期から経営に関するゼミナールに所属します。
10°barの現役スタッフで言えば、香山は特に熱心に学問を学んでいます。

ただ、僕が現在学んでいる学問が将来何かの役に立つかどうかなんて分かりません。役に立て方が分かっている人はその学問がどんなものであるか既に知っている人です。どんなものか分からないからこそ学ぶのです。

また、大学に通うためには様々なコストを払わなければなりません。時間的、金銭的、身体的、精神的etc...コストは多大なものであると言えます。


それらのコストを支払ってでも曖昧なものを学びに行くこと。そこには打算はないと思います。


また「サークル活動」も同じではないしょうか。
金銭的なメリットや社会的に認められる成果が例えなくとも、一生懸命に活動をしている人々。
彼らは自分の欲望や問題意識に素直に向き合えているように感じます
。そこにも打算はないのだと思います。


しかし、学生であり続けるコストは自分だけで払っているわけではない場合が多いでしょう。
この好き勝手やれる自由の対価を払っている人に感謝をしつつ、好きなことを懸命に頑張ることが学生には大事なのではないでしょうか。


はい、ということで今回のテーマは「学生」でした!
このブログを生意気に感じた皆様、すいませんでした!


ではでは次回のブログもお楽しみに!




bababar123 at 18:41コメント(0)トラックバック(0) 

学生とは?エピソード王

こんにちは、皆様「学生とは??」テーマブログ更新遅れてしまってごめんなさい…

店長やまむぅ♂です。

僕にとって学生とは…??

様々な学校があるが故、世間一般に言う学生っていうものは答えらませんが、僕の思う「学生」を述べさせていただきます。

一言で、

「無茶できる存在」

だと思います。受け取る人によって捉えづらい表現かもしれませんが、砕いて言うなら「無茶できる存在」とは、「自由奔放に自分の意思の赴くまま、突き抜けられる存在」だと思います。

学問、ゼミ、サークル、バイト何でもいいんじゃないでしょうか??自分が納得できる時間の使い方、人に自信持って自分のやってることを語れるようならば、それでいいんじゃないでしょうか??

正直、失敗しても何とかなるってのも学生の強みであるともと思います。
甘えとかではなく、全力で何かやって、失敗しても、反省し、何回も何回も自分を考えることが出来るってことです。

そうやって試し、挫け、学び、試し、挫け、学び、試し、たまには成功し、再び試し、成功し、また試し、挫け、無茶し続けて、確固たる自分ってのを見つけてくのが学生なんじゃないでしょうか??

というのが、僕の思う理想の学生像なんだと思います。

学生は学業を追求する、それは本望かもしれませんが、それだけではなくなってるのが現状ではないでしょうか??

例えば、めちゃくちゃマーケティングを勉強しててビジコンで優勝しまくってる学生、メジャー(英検とかTOEFLとか)な資格からマイナーな資格(危険物取扱検定とか)までたくさんの資格を持ってる学生、プロ野球ドラフト一位学生、一般食料から金属、ダンボールでもなんでも食べられる学生、ぜーんぶ素敵じゃないでしょうか??

みんながみんな、心の底から面白いと思ってることやってる状態だったら何でもいいんじゃないでしょうか??

まぁ、なんだ、単位は取らなきゃねってことです。

あーめーん。

偉そうなこと語ってすみませんでした(; ̄O ̄)

てへ!!w




学生ブログランキング参加中!



bababar123 at 17:18コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月09日

あなたにとって学生とは?エピソード古

お久ぶりでございます。

最近ごたごたでなかなかブログを更新してなくてすいません><

おかげさまで5周年パーティーは大盛況でございました。
5年間いろいろな方に本当に支えられてきたんだなと痛感しております。

これからも10°グループをよろしくお願いいたします!


さてさて
今週(というか先週からなんですが)のテーマは!


「あなたにとって学生とは?」


ということで、普段はあまり学生をしていると言えない
10°bar staffたちが思うままに「学生」を述べていきたいと思うのでござる。



僕の「学生」は

社会的に認められた時間(モラトリアムっすね)があり、かつリスクをもたないことです。

基本的に学生がやっている学生団体やサークルってあんまりリスクがないと思うんですよ。たとえ企画で失敗しても人生が終るってわけじゃないですし。社会人はお金に絡んで、この商談が失敗したら何千万、何億の損失がぁ!とかあると思うんですよね。

その団体がやってる度合いにもよりますけどね

このリスクがないってのは責任がないからテキトーみたいに捉えれば悪い方ですが、何にでも挑戦できるって捉えれば良い点だと思うのですよ。


大学の4年ないし5年以上は中学や高校の決まった時間割もなく、本当に自由に何をしてもいい「時間」なんですよ。

学生という枠がはずれればNEETとして扱われたり、遊び人というジョブだとか社会の批判にあうわけですよ。でも大学生活の時間は遊んでてもモラトリアムで許されるんですね。

まぁ時間もあって、何しても失敗が許される。

その中でも学生が大学ですべきことは

人生の楽しみを見つけること

学生生活中で自分が夢中にはまった体験
意気投合した熱い仲間とか
もっとこの学問を追求したいとか

今後の将来にかかわるものが見つけられる環境にいると思うのです。
わざわざ大学という執行猶予をもらったのに自分の将来を考えないなんて人はいないと思いますが。

家に引きこもったり、自分の決まったコミュニティから外に出ないとか、それってすごくもったいないことだと思うのですよ。
学生はもっと外の世界にふれるべきだ。



と僕の学生を述べさせていただきましたが、こんなもんです。
ちゃんと学生していないので重みはないかもw

あまり勉強しないので香山が捉える学問の場としてはまったく利用しないんですけどね><

ごめんなさいお父さん、お母さん。でも留年はしないつもりです…


そんな時間のある学生のうちに
この春休みに

ちょっくら軍艦島か屋久島あたりを一人ぶらり旅をしようと考えておるのです。

そもそも本州から出たことがほとんどない人間なので旅が初めてなんですよ。

そんなに長期ではいけないですが2,3日ぐらい行ってこうようかなーと思ってます。


みなさんの学生としての時間の使い方をぜひぜひお聞かせください♪
それではまた10°barで!






bababar123 at 16:40コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月02日

テーマブログ3週目!―あなたにとって「学生」とは?―

こんばんわ!
最近右頬にしみ?ができた香山です、年々老いを感じてきております。
どなたかしみの落とし方ご存知でしたら教えてください( ゚д゚)b

テーマブログも今週で3週目ですね!
さてさて、今週のテーマは…

「あなたにとって学生とは?」

です!!

このテーマは学生・社会人の考えをお聞きしたいですね!
学生の方々は、今自分が当たり前と思っていることについて考えることになるし
社会人の方々は社会に出られてから「学生」への見方が変わったのかどうか
ぜひぜひお聞かせください^^


では、、、
学生と一言でいっても、バイト、勉強、サークル、遊び、酒など人によって様々かと思います。
でも、大学に入って共通するのは時間ができること。お金はないけど時間はあります。

しかし!!

時間がほしいのなら、大学に行かなくていいんじゃないかって話になりますよね。
ではなぜ大学に行くのか?決められたレールの上を乗っているだけなのか?
「学生」を考える上で、「大学」を抜きにはできないと思うので、そのへんを絡めながら考えていきたいと思います。

ここから先は完全に妄想プレイなのですが、、、

大学は学問をする場です。

僕自身経験あることなのですが、学問をすればするほど、もっと色々なことが知りたくなるし、もっと色々な経験をしたくなります。
例えば、僕はチェコのドイツ語作家フランツ・カフカを読んで精神的に高揚してしまったことがあるのですが、カフカを本当に理解するには、プラハ、オーストリア・ハプスブルク帝国の官僚制、ユダヤ人、カフカと父親の関係、カフカの作品が社会的にどう評価・受容されてきたのか、さらに言うとカフカが使う特徴的な語、作品内の構造、作品間の関係性、を知らなきゃいけないわけです。マクロな視点とミクロの視点どっちも必要なんですね。
そこではもう文学とか社会学とか関係なくなっていて、ある1つのことを追求しようと思ったら、必然的に学際的なものになっていくと思います。

カフカをもっと知りたくて、プラハまで行っちゃいましたし。
プラハではカフカの足跡辿りました、最高でした!
カフカについて語ってくれる方はぜひ10°barまでお越しください!!←

そこで思うのは、学問って必ずしも「勉強」だけじゃないってことです。というか、勉強は学問をするためのツールだと考えています。
学問とは、字の通り、「学び、問う」ことです。つまり、「物事を追求していくこと」だと考えています。
僕の場合は、たまたま文学だったのですが、演劇、映画、政治、スポーツ、生け花、旅などなんでも学問することができると思っています。
こんなこというと、色々な人に怒られそうですが…(笑)

つまり、様々な物事を追求できる場所が大学であり、様々な物事を追求していけるのが学生なんだと思います。

と、同時に(これは浪人時代のとある先輩からの受けおりなのですが)大学は国家と世界の秩序を「正しく」方向付けできるブレインを養成する機関だと思います。
その養成機関にいるのが学生というわけです、これは決して就職予備校的な意味の大学ではなく。

少し長くなったのでまとめると

「国家と世界を背負った探究者」

が、僕の考える「学生」です!

固すぎましたか…?
順調にいけば学生生活も残り1年。
もっと物事を追求していきたいと思う今日この頃です!

ここで、ベタですが福沢諭吉の『学問のすすめ』から一言!
「学問の本趣意は読書のみにあらずして精神の働きに在り」岩波書店、P107

ではでは( ・∀・)

学生ブログランキング参加中です!!



bababar123 at 20:31コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月31日

あなたの好きな音楽は?エピソード♂

店長のやまむぅ♂です。
前回に引き続きテーマブログ。
今回は好きな音楽です。

こう見えても私、東京音楽大学附属幼稚園をピアノ専修で卒業しており、小学校では、吹奏学部部長、器楽委員会、合唱団に入ってたんですよ。

だから何だってっていう…。

そのころの恩恵は今は全くありません。
正直音楽には疎いです…w

でも、書かねば…

むむ…

僕の好きな音楽っていうのは、そうですね…
特にだれだれのこれ!!っていうのはないんです。
あえて、頑張って言うなら、

「空気を支配できる/人の感情を左右する歌」

ですね。ちょっとなんか傲慢な言い方なんですが、その通りですので、仕方ないのです。

普段口に出して喋ることがこっぱずかしいような歌詞だったり、超超超ハッピーな歌詞だったり、別れの寂しい歌詞だったり、様々な歌詞をそれにマッチした様々な旋律に乗せて歌った音楽が本当に好きです。だから基本的に自分の入ってくるものとして邦楽を好みます。洋楽も直感でいいなぁと思った曲は必ず歌詞の意味を考えます、僕は。

なんかそんな専門家でもないのに、こんなこと言うと、ディスられるかもしれないですけど、実際聞いてて歌詞はあんまり意識できないけど、気分がその歌の雰囲気にのまれたり、本当に歌詞に対する思いがひしひしと伝わってきたり、それは僕は歌詞も音も両方にしっかり意味が込められている音楽だからこそできることだと思います。

10°barの音楽も作りたい10°barの雰囲気に合わせて、季節とか、時間とか、お客様の層とかとか色んなこと考えて音楽選んでるんですよ!!

スタッフみんな、具体的に例を挙げてるので僕も挙げてみようと思います。




↑ シャナナ☆/MINMI
ノリノリでアガりますよね。歴代10°barスタッフも大好きです。





↑ Brotherhood/B’z
絆。絆。絆。
すごく自分達の友達・仲間のいる生活が想起させられます。



http://pann.nate.com/video/202792334
↑ Rain/倖田來未
切ない!!その時の思いというか、なんというか、めっちゃ伝わってくるんです。絶対絶対絶対聞いてください。youtubeに無かったので、変な所に飛びますが、悪しからず。





↑ Heavenly Star/元気ロケッツ
一応恋の歌なんだと思います!!楽しい気分、清々しいノリノリな気分になります。前向こうって感じです!!


と、まぁ色々と例を挙げてみましたが、要するに、好みってことですね、なかなか説明しづらいところです。バックグラウンドは人それぞれですし、感性はみな違いますから。出会う音楽も違いますしね。

こんなところで失礼します!!
音楽ってステキ!!


学生ブログランキングもお願いします!!




bababar123 at 03:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月30日

あなたの好きな音楽は?エピソード和

アジアカップ日本優勝おめでとうございます!
昨日は日本代表の活躍に元気をもらいました!!


どーもー和士です!
無事(?)テストも終わり春休みに突入しましたです。はい。



今回のテーマは好きな音楽!!


邦楽と洋楽どっちにしよっかなー。
アップテンポなのとメロウなのどっちがいいかなー。


なーんてドライブデート前の男ばりに悩んだのですが。。。
※僕は免許持ってないんであくまで想像ですが。。。


僕の好きな曲はこれっきゃないっす!!!




レミオロメン 「3月9日」
です!!

この曲は僕にとって非常に思い出深い曲なのです。
と言いますのもつい二年前、高校の卒業式にて歌った曲だからであります。

そのせいか曲のPVのせいか分かりませんが、この曲は「別れの曲」であると思います。
実際は結婚式用に書きあげられた曲だそうですね。


もうすぐやってくる三月は別れの季節です。
新天地に旅立つ皆様には不安もあるかもしれません。


しかし別れの後には新しい出会いも待っています。


僕もつい二年前福岡と別れ、東京と出会いました。
新しい出会いは自分を大きく成長させてくれるものです。
思い切って飛び込むのが大事だと思います。


ただ、たまには昔の出会いを懐かしみ、郷愁に浸りたい時もあるでしょう。
そんな時は「3月9日」、オススメです。






bababar123 at 18:14コメント(4)トラックバック(0) 

2011年01月28日

あなたの好きな音楽は?エピソード比

どうも〜試験もいよいよ終盤ですね!
留年へと腹をくくってる方もいるかと思いますが、僕は4年で卒業することをここに宣言いたします。

さてさて今週のテーマブログは

「あなたの好きな音楽は?」

でごぜぇます。


僕はかなり音楽には疎いんですよねw

ミーハーというかあまり聞かないけど、友達に薦められたのを聞いてると一週間ずっと聞いていたり。それで飽きてはまた別のを聞いてのくりかえしですね。


J-popもあまり聞かないのでカラオケにいくとつらいです。

(そもそも音痴なのでカラオケに行くことが辱め)

フィリピンンのP-popは聞くんですが、日本のハポネスにはわからないので割愛させていただきますね☆


中学時代はトランスやユーロビートにはまるDQNロードを歩んでいましたが
高校からはけっこうアニソンやらアングラ系の音楽にはまっていた時期は長かったのですよ。

あとジョジョの奇妙な冒険が好きなためか、洋楽のミュージシャンの名前は知ってるけど聞いたことないってのも多くて><


その中であえて好きな音楽といいますと…





The BeatlesLet it Be ですね。

僕が音楽に初めてハマったときでした。
小学生のころTHE BEATLES 1ってアルバムがでたときでした。先生が貸してくれたので毎日聞いてましたね!
子供ながらに聞いた歌詞をカタカナ表記でかきまくったり馬鹿なことをしておりました。

この歌詞がすごぃ!とこそういうものはないのですが、自分の原体験というか、
聞いているととても落ち着く曲です。


さてさてみなさんの好きな音楽はなんでしょうか?
何かおすすめがありましたら是非教えてください♪

ではでは〜☆

学生ブログランキング参加中です!




bababar123 at 15:32コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月24日

あなたの好きな音楽は?―エピソード香

こんばんわ!
最近「攻殻機動隊」を見ております、香山です!
オタクではないですが、サブカルチャーは好きでありまする。

先週のテーマブログいかがだったでしょうか?
お店で色々お話聞かせてもらったりなかなか反響あったのではないか…と勝手に思っております!笑
他のスタッフの「出会い」に対する考え方も知れて僕自身も読んでいてとても面白かったですし( ・∀・)

さてさて、今週のテーマは…





(ドラムロール的なサムシング)






「好きなミュージック」!!

今週はスタッフに「好きな音楽」を語ってもらいます!
音楽って普段何気なく聴いているようで、まったり系の音楽だとまったり気分になるし
ハイテンポなJ−POPだとテンション上がるし不思議ですよね。

僕の好きな音楽は…


akのSummer!!




この曲聴いて、「おーっ!」という方も多いのではないでしょうか?
10°barがオープンした当時から流れている、10°barソング!!なんです。
いえ、もちろんak公認ってわけでもなく、勝手に名付けてるだけです(笑)

この曲、10°bar創設メンバーの1人が選曲したらしいのですが、なんてハイセンス!ww
声とかサウンドがすごい綺麗だし、この曲を聴くと自然と口づさんでしまいます。

akは今ニューヨークを拠点に音楽活動しているらしく、
2010年発売の「SAY THAT YOU LOVE ME」はR&B、ハウスやエレクトロを取り入れたりしていてまた違った良さが味わえます!

10°barを知らなかったら、知らなかった曲の1つですね。
人との出会いだけじゃなく、音楽との良い出会いもありました。

ぜひぜひ10°barへ聴きに来てください♪

ではでは!
香ばしい山のごとしと書いて、香山でした!

清き一票お願いします!!








bababar123 at 00:23コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月23日

あなたにとって出会いとは? エピソード和

こんばんはー。最近寒くて自転車がつらいです。和士ですー。

早速の早速ですがテーマブログ、行きます。


僕にとっての出会いとは「衝撃」です。


若干刺激とかぶってる感は否めませんが。。。
でも僕の中での出会いはドンッッッて感じの「衝撃」なんです。


みなさん、大昔のことなのに、未だに思い出す誰かとの出会いはありませんか?
僕にはあります。


例えば、自分より圧倒的に優れた人物との出会い。
これはものすごい「衝撃」を受けると思います。その人の言葉にドシンと重みがあり、その一つ一つにぶん殴られるようなインパクトがあった時、人生をほんのちょっと変えられた気がするのではないでしょうか。それが出会いの「衝撃」です。


ただ、出会いはいつも自分に肯定的な人や物とだけではないと思います。
腹がたってしょうがない意見を言ってくる人。もしくは、自分が忘れてしまっていたような価値観、考えをぶつけてくる人。
そんな意見を言うような人との出会いもまた、「衝撃」であると思います。だから僕が言いたいのは自分と同じような仲間で集まるだけでなく、価値観のぶつけ合い=喧嘩することって大事だと思います。



極端な二パターンを挙げましたが、もちろん出会いに決まったパターンなんてありません。言ってみれば毎日は出会いの連続。出会いは無限大です。


これは自戒を込めて書くのですが、出会いに大事なのは素直さだと思います。
斜に構えていては衝撃は生まれません。
出会いに正面からぶつかっていきましょう。


はい!
というわけで今回のテーマブログ、以上です!
こんな長々と書いた稚拙な文章を最後まで読んで頂いてありがとうございました!!

みなさんの「あなたにとって出会いとは?」ぜひぜひ聞かせてください!

次回のテーマブログにこうご期待を!!







bababar123 at 21:12コメント(0)トラックバック(0) 

あなたにとって出会いとは? エピソード♂

店長やまむぅ♂です。

テーマブログです。

僕にとっての「出会い」です。これはあくまで僕の「出会い」に対する価値観なので否定されても困ります。だけど、これを読んだら皆さんの「出会い」に対する価値観も是非ぶつけてもらいたいです。コメントでも店でもいいので。それが新たな価値観×価値観になり10°変わるきっかけになると思いますから。

「マジメか??」

僕にとっての「出会い」

それは

「必然」

僕がそう考えるのは、そう考えると自分自身の行動、理想を捉えやすくなるというか、体現していきやすくなるからなのです。

そしてそれに必要なのが、自分の中の思い、目標だったり、生き方だったり、要するに自分なりの哲学です。

例えば、すごく安易な例かもしれませんが、どうしても入りたい大学に入りたいと思う、そうしたら勉強する。勉強するなら、やるべき教科が決まる。そしたら、参考書を買う。これは物との出会いですが、ある一冊の参考書と出会うわけです。

次、受験当日、その大学に入りたい人は入りたい大学に受験票を持って、全国各地から集まってくる。これも場所、直接同志と関わるわけではないですが、空間的に集まるという出会いです。

次、勉強の成果により、受かった。入学する前に語学を選らぶ。語学でクラスが決まる。入学式当日、そのクラスの人と出会う。

サークル、勉強、就職活動、それ以降全ての事に対しても当てはまります。

道端を偶然歩いて、目の前で美しい女性が買い物の袋を落として、中身の野菜やら果物がこぼれ落ちました。拾うのを手伝おうと思って、道端に落ちたオレンジを拾おうとすると、その女性と手が重なり合い、

「ドキドキ…」

そんなひょいとしたことがきっかけでお付き合いし、結婚。

なーんていう奇跡、偶然がうまれるきっかけもあるかもしれません。

別に僕はそれが違うって言ってるんじゃなくて、

自分の中の強い思い、気持ち、何か目標、信念があれば、会うべき人に必ず会えるってことが言いたいのです。
追い求めれば必ず出会えるって言いたいのです。

思いが自分の行動を変え、定められた場所へ、そして定められた人に。
そして必ず幸せな生活がそこに待っているのだと僕は信じてます。

未来を経験することはできないですが、想像することはできます。
そのときどれだけワクワクしたイメージを具体的に持つことができるのか、それがまずは行動のキッカケになり、そのあとに出会う、物、人、事、全ての要素が自分にいい影響を与えてくれる、10°変わるきっかけになるんだと僕は考えています。

なんか、色々書ききれないですね 笑
こんなとこにしておきます。

何が言いたいかっていうと、夢・理想は大事だし、僕はそれを常に持って生きていきたいってことです。

これから先はお店でってことですね。


やまむぅ♂


学生ブログランキングもお願いします。






bababar123 at 20:21コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月19日

あなたにとって出会いとは? エピソード1

どうもどうも

試験前であせっております

ふるーちぇです。


さてさて香山が前回のブログで書いていますが

今週はテーマブログふかぁぁぁっつ!という烈海王が叫ぶレベルの再開でございます。


「あなたにとって出会いとは?」

ん〜なかなか深いテーマでごぜぇます。
なかなか文章にするのは苦手でございますのでご容赦を。


出会いってのは生きてるだけで毎日あるものです。
それは物との出会いでもあるし
人との出会いでもある。
mixiやtwitterなどweb上でつながることもある時代。
世界中どこにいても繋がってしまう世界。
こんなにも日々出会いを大量生産している社会はないでしょう。

そしてみんな大量生産された出会いをそれとなく横に受け流し大量消費していく

ファストエンカウンターとでも呼びますかw

出会いの幅は広がったけど浅くなっていますよね。


そんな社会で生きる現代人の僕の出会いってのは


記憶に残る出会いをしなきゃもったいない!ってのです


出会いは常に新鮮で刺激的なもの。
でも出会いの多すぎる今となっては、その瞬間も忘れていく。

だからこそ一期一会でも何年後も思い出すような、思い出させるような出会いがしたい。


記憶に残るってことはいろいろありますけれど
僕が思うところは
己の価値観に何らかの変化があったときだと思っていて
お互いの価値観をぶつけあう熱い激論をかわしたり
この人みたいになりたい!って思うぱねぇ人に出会ったり
逆にぱねぇと思わせたり
相手から何か与えられ、自分からも何か与えられる物があったり

そういう出会いがあると自分の成長につながっていくんだと思うんですよ


お互いがその一期一会に全力ならもっと自分をアピールして、もっと相手を知りたいと思うのになぁと考えるんです。
そしたら相手の価値観が見えてきて意気投合することもあり、ぶつかることもある。

ステップせずにかなり跳躍してますがw

そんな出会いからお互いが成長できるような夜になれば最高ですよね。

別にいやらしい意味はないですけど



ただ

ただ

本当に自分が思うのは

本気でこういう人に出会いたい

って思えば出会えるんですよ。


それを思い続ければ案外出会いは気楽にこちらにきてくれます。

僕が10°barで働いてて、すごくそういう経験をしてきたので

これはガチですw



なんか長くなって深夜のテンションでわけわかめになってきましたね。

よーは
出会いとは価値観の変化を生み出すものだと
なんか香山も同じような…

でも出会いってそういうものだと思います。


他にもいろいろ思うところはあるんですけど、後はお店でお話しましょう♪

長文・拙文失礼いたいした!

ではでは〜☆

学生ブログランキングもよろしく!
















bababar123 at 04:10コメント(0)トラックバック(0) 

2011年01月17日

プロローグ〜そして伝説のブログへ?〜

こんばんわ(´∀`)
「三月のライオン」を読んでてうるっときた香山です!
最近外に出るのも億劫なくらい寒くなっていますが、皆様体調管理にお気を付けください!

さてさて、10°barブログはいつもとちょっと違う!

ある1つのテーマについて、スタッフ4人がそれぞれ語っちゃいます!

題して

「テーマブログ!〜復活のプロローグ〜」

以前もテーマブログを書いたりしてましたが、面白いからまたやろう!的な感じ
で復活させちゃいます!

前置きが長くなりましたが、今回のテーマはずばり…

「あなたにとって出会いとは?」


いやー、核心を突くようなテーマですね、、、

結論からいうと、僕にとって出会いとは、刺激そのもの!!

です!

自分が安心・ほっとできる環境やコミュニティーってたしかに大事だけど
ただそこに安住していただけじゃ人って何も成長しないと思うんです。

要するに刺激的ではない。じゃ何が刺激的かっていうと、、、

自分の考え方とか価値観とか常識とかが通用しない人たちと出会い、それらがぐらって揺さぶられるときですかね。

自分の価値観がぐらっと揺らぐ感覚ってすごい怖いことだと思うけど、それってすごい刺激的なことだとも思うわけです。

で、自分の価値観が揺らぐ瞬間って、例えば同年代で全く違う経験してたり、年下で自分の考えていないようなこと考えてたり、年上の方で仕事について色々考えていたり、、、そんな色々な人と出会い、話すことなんじゃないかな〜と思ったりしております。

時には熱く議論したりすることもあると思うけど、終わってみると「なんかいつもの自分と違う感じ」みたいに思うことってありませんか?

つまり、出会いによって人生が10°変わるきっかけを掴んだ瞬間!!

だと思うわけです。

こーゆー瞬間を追い求めて、僕は色々な人と出会っていきたいですね!

以上、香山でした〜( ・∀・)ノ


「あなたにとって出会いとはなんですか?」

ぜひぜひお店で聞かせてください〜!

次は誰が書くのかな〜♪


学生ブログランキング参加中です!



bababar123 at 23:01コメント(4)トラックバック(0) 

2010年09月13日

新米バーテンダーのヨーロッパ修行―ウィーン―

こんにちわ!
怒涛の更新をしているかやまです。
え、暇そう?けっこう暇なんです。主な観光すぽっとはほとんど回ってしまいました。
ウィーンでどこかおすすめの場所あったら教えてください(;´∀`)

昨日12日は、夜のウィーンの街へ出かけました。
目的は、前回のblogで書いたMQの裏手にあるバー巡り!

またまたいい感じのアメリカン・バーを発見しました。
(外装撮ってくるの忘れた…)

注文したのは

100912_221557

サマー・フィーリング
→いちごを潰して入れたノンアルコールカクテル。いちごの果肉がとてもおいしい。

100912_221726

ジン・ギムレット
→ライムジュースが多めに入っている、ロックグラスを使ったギムレット。さっぱりしていて飲みやすかった。ただ、ジンもけっこう入っているようで酔っぱらう。

100912_222858

ピニャコラーダ
→飾りのパインが豪華なピニャコラーダ。濃厚な感じがあったのはミルクではなく、生クリームとかココナッツミルクが入っているとか。

です。


このお店では前回の失敗(?)を活かし、バー・カウンターに座ってみました。
そのため店員さんと仲良くなれました。

仕事中の2人のアラブ人と、仕事が終わったスペイン系の店員さんとお話してました。
僕のことを「11歳」だと思っていたらしいですorz
・・・普通に酒飲ませちゃだめだろ!(オーストリアでは飲酒は16歳から)

アレックス氏(スペイン系店員)とはワールドカップの話しとか、日本に関する話しとかをして、ドイツ語の勉強もできたし、一石二鳥ですね!

ここのバーは、住宅街にあり、地元の人に愛されているらしく、お客さんと店員がとてもフレンドリーな雰囲気で会話をしていました。
酒との出会いだけではなく、人との良い出会いもあったバーでしたね!

次はたぶんプラハのバーについてだと思うので、そちらも読んでくだされば幸いです(*´∀`)


バーとは関係なく…
歴代スタッフ史上アルコールに最も弱い(と言われているが本人は否定)僕はけっこう酔っぱらってしまい、そのままホテルがある最寄駅に向かいました。
改札付近では、歌をうたったりして騒いでいるト○コ系若者が・・・。
気持ちいい感じで酔っぱらっているので、その輪にノリで入っていきました。
暖かく迎えてくれる若者たち。一緒に踊り始める。
「もっとこっちに来い」と言われ、近づいていくと、財布の入っているポケットに手の感触が・・・!
「危ない!」と思って相手の顔を見ると、両手を挙げ「何もとってない」ポーズ。
いやー、怖かったです。
皆様もヨーロッパにお越しの際は、くれぐれもご注意を(;・∀・)
そんなちょっぴりgefaehrlichなエピソードでした。

それでは、また(´∀`)


10°bar学生ブログランキング参加中!
クリックお願いします!



bababar123 at 17:09コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月11日

新米バーテンダーのヨーロッパ修行―その1―

おはようございます!
ウィーンなう!な香山です。
今ちょうど午前11時をまわったところです。
静かな朝・・・とは言い難く、僕が泊まっているホテルはLaxenburgerstrasseという大通りに面していて騒音が絶えません笑。

ミュンヘンで泊まったホテルは、ビジネスホテルで綺麗で良かったのですが
ここはどうやらト○コ系の人が経営しているホテル。外装、内装ともにうさんくさい感じです。
まぁ、ホテルを一歩出ればたくさんのト○コ系の人が歩いているので、ここはそういう場所なのでしょう。
しかし、住めば都とはいいますか、とても楽しいです。

さてさて、先日ウィーンのシュテファン寺院をさまよっていたら、寺院の裏手に良さ気なアメリカン・バーがあったので入ってみました!

注文したのはフルーツパンチとジンフィズ!

100907_164803

すみません、画像はデジカメで撮影したためうpできませんでした…。
代わりに、ミュンヘンで飲んだMai Taiというカクテル。
某チェーン店の、「天○の階段」みたいな味がしました。

このアメリカン・バーでは、黒人バーテンダーがメジャーカップを使わず、華麗にシェイカーにリキュールを入れている姿が見れました。

それと、シェイク。
なんかぱっと見テキトーに振ってる感じがするんだけど、出来上がったお酒はかなりおいしかったです。
たしかに手首のスナップが柔らかすぎた…。
バーテンダーのパフォーマティブ能力の高さに圧倒されました。

ちなみに、店に置いてあるお酒の数は、200種類以上だとか。
店内はけっこう広くて、暗めで、他に英国系のお客さんが2、3組。

テーブル席に座ってしまったため、バーテンダーさんとあまり話しができなかったのが残念でした。
ま、ほとんど英語話せないのですが笑。

MQ(ベルリンでいう、博物館の島みたいなもの)の裏手にオサレバーがあるという情報をゲットしたので、ウィーンにいる間に行ってみようと思います(´∀`*)

ではでは!


学生ブログランキング宜しくお願い致します!




bababar123 at 17:59コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月07日

新米バーテンダーのヨーロッパ修行―序章―

Guten Tag!かやまです!
僕は今どこにいるかというと…ドイツのミュンヘンです( `・ω・´)ノ
「お前はまだまだだ!」という店長や○まむぅ♂の御達しにより、修業の旅に出させられました…。
経費はすべて10°barから…だったらいいなぁ笑。

旅行です、はい。

過去に2度ほどドイツのボンに短期留学したことあり、ドイツは今回で3回目!
ミュンヘンは4月以来の2回目!
日本とドイツの時差は7時間。ドイツは今午前11時過ぎです。
サマータイムだと時差が8時間になります。

そしてドイツは9月だというのに、かなり寒いです…。
普通にみんなジャンパー着て出歩いています・・・。
持ってきてない、こっちのH&Mで買わなくては!

高田馬場をたとえ一歩でも出ても、10°barスタッフ!お酒のことは一瞬たりとも忘れません。
なので、旅行中はこっちのBarを色々回ってみようと思います。
日本では飲めないカクテル、バーテンダーのシェイクの仕方とか観察してきます(´▽`)

それはそうと、成田からミュンヘンまでルフトハンザ航空で来たのですが、長い長い・・・。
11時間ちょっと飛行機に揺られていました。
でも、サービスが充実してて「さけのおにぎり」が食べ放題でちょっぴり感動しました。
さらに、機内で出されるビールはドイツ産ビール!

ドイツのビールはとてもおいしいんです!
日本で手軽に飲めるドイツビールといえば、レーベンブロイとかでしょうか。

今日から2週間頑張ってドイツカクテルの勉強をしていきます☆


学生ブログランキングもよろしくお願い致します!



bababar123 at 18:21コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月23日

新米バーテンダー成長日記【3】

おはようございまーす!
興南に沸く沖縄とは真逆な仙台なぅ!なカヤマです(´▽`)
今はネットカフェにいます、そしてこれからバスに揺られおばあちゃんの家に向かいます(´∀`*)

さてさて、「成長日記」も今回で3回目!
一人デビューまでいったい何回になるのでしょう笑

1回目はステア、2回目はカクテルレシピについて書きました。
3回目は…シェイクです( ̄ー+ ̄)

シェイクってかっこいいですよねー!
それにカクテル作りには非常に重要な作業なんです。
これがができないと、おいしいカクテルも作れないΣ(´∀`;)

シェイクが必要な理由は色々あるそうですが、主に
1、お酒を急速に冷やす。
2、ステアでは混ざりきらないものをより混ざりやすくする。
3、空気を一緒に混ぜ込んで、飲みやすくする。

だそうです( ・∀・)

上に「シェイクってかっこいい」と書きましたが、パフォーマンスの要素もシェイクにとっては大事なんです。

先日、シェイカーを購入しうちで練習練習な感じです(;´∀`)

シェイクの練習も色々あるみたいですね。

まず、簡単なのが、氷の代わりに米を入れて振ること。
平行振り(リズムをつかむための練習法)したとき、米を入れておくとさらにリズムが掴みやすくなります。

次に、硬貨を入れての練習。
シェイカーの中で、うまく八の字になっていないとガチャガチャいってうるさいんです。
実際のイメージが、氷がシェイカーの中で八の字に移動するというものなので、最適な練習法ですよね!

ただ、まだまだ自分自身でリズムが掴みきれていない部分があるし、硬貨もがちゃがちゃいってもっと練習が必要なようです(;´д`)

あ、報告というか成長というか
ステアが前よりもスムーズにできるようになりました(`・ω・´)
お店でも何度かやらせていただいております!
皆様10°barにお越しの際は、ぜひ見てやってください(´∀`)

学生ブログランキングの方もよろしくお願いします!




bababar123 at 08:09コメント(0)トラックバック(0) 


10°bar (JUDE BAR)
人生を10°変えるきっかけが見つかるバー@高田馬場
全て学生の手作り。


人は出会いによって成長する。

そんな出会いにあふれた場所を作りたい。
人生が10°変わるような出会いやきっかけにあふれた場所。
そんな思いからできたbarです。

たくさんの人が集まり、出会い、さまざまな話を通して、だれもが成長する場所を目指しています。




東京都豊島区高田3-10-11 草原ビル4F
営業時間 日〜木 18:00~26:00
金土祝前日 18:00〜29:00
定休日  毎月第二日曜日(月曜を含む三連休は月曜定休)

<創設メンバー>
立ち上げたメンバーはすでに引退し、社会人となっています。

(ハノチ)
元早稲田大学教育学部。
10°bar初代代表。
広告研や学祭スタッフとして活動する中で、多くの刺激と成長を与えてくれた今までの全ての出会いに感謝し、さらなる愉快な出会いを求めてバーを作ろうと考えた。『夢』を語る彼には多くの人が集まる。素敵な社会人になった彼は、今では深夜の飲んだくれのお客様w


(わたる)
元早稲田大学商学部。
実家は伊豆のド田舎でみかん農家の長男。でも音楽とファッションと女のコをこよなく愛する。そんなギャップを楽しむ、貧乏で食いしん坊な永遠のティーンエイジャー。そんな彼は今では超優秀な営業マン!女の子も顧客もしっかり接待します。

(かつのり)
元早稲田大学法学部。
元クラブバーテンダー出身。典型的なO型、マイペースでてきとー。好きな酒はテキーラ。ビバスローライフスローフード。歴代ミスターバーテンダー。はっきりいってかっこよすぎ。だけど実は…ふふw

(けんじ)
元学習院大学
初代店長。
幼少期からお荷物球団、ロッテを愛してやまない。世の中を斜に構えて見てしまうクールさの反面、初芝引退時には嗚咽、号泣。そんなハートウォーマーな一面も。貧乏旅行が好きで野宿もいとわない。頭のキレる頼れる男。モットー『人生に戦略をもとう』


<現役スタッフ>


しょーま
10°bar10代目店長
早稲田大学文化構想学部5年
元早稲田祭運営スタッフ代表
小さい身体と落研で培ったワードセンスを武器に今日も戦う!
「俺ははげてねえ、常に前進してんだよ!!」

ながぴま
編集中...

遼介
早稲田大学教育学部3年
高身長、イケメン、可愛い彼女持ちの役満野郎ですが皆から愛されるのには理由があるのです!
「皆様のご来店(特に女の子)お待ちしております。」

はら
早稲田大学基幹理工学部5年
元10°bar4年次スタッフ
10°CAFEのオサレな空気感に馴染めず移ってきた…なんてことはないです。
あーほんと、留年するとは、てかまさか10°bar入るとは、あー、でも楽しいからおっけーでしょ!
「何だかんだ俺がこのバーで一番まともだと思う。」

ハト
立教大学社会学部2年
浪人して大学に馴染めず、サークルを辞め、くすぶっていた彼が見つけた居場所がここ、10°barでした。
無口な振りして話し出すと結構止まらないぞ!
「僕の彼女、コスプレイヤーなんですよ。」

もえか
編集中...
くるみ
編集中...


<10°bar OB・OGスタッフ>

(たかと)
元早稲田大学教育学部。
われらが2代目店長高戸さん。やさしくて、聞き上手でそれでいてちょっと抜けているところが愛らしい先輩。独特のオーラを放つ癒し系中の癒し系。普段はポーカーフェイスなのに酔うと笑顔がかわいい。

(ういちゃん)
10°bar初の女性スタッフ。みんなのアイドルかわいいういちゃん。小動物系。彼女に会えなかった人・・かわいそう。w

(きぬがわ)
10°barのぶっこみ隊長TKC(TaKaShi)。その明快な頭脳とフレームに収まらないぶっとび方はいい意味でも悪い意味でも驚愕。後輩に優しい衣川さん大好きです。

(つどい)
3代目店長。なにからなにまで気合の入った浅草育ちの若人。物知り、頭脳明晰、仕事の鬼。だけど本当は心優しい寂しがり屋。勘違いしないように!

(しんちゃん)
早稲田大学第一文学部 。
秋田育ちの爽やか好青年。スタッフ一さわやか!でも実はかなりの負けん気の強さをもつ渋い男。そのギャップにやられちゃうぜ〜。都会の昼に疲れたら、彼の笑顔を見にこよう!

(カズ)
早稲田大学法学部。
4代目となる店長、御舘和也。心優しきみんなのリーダー。ミスターフレンドリーカズ!話しやすくて安心するのに反し、意外に深い考えの持ち主。スタッフ一器の大きい彼はスタッフ、お客さん問わず愛されています。この頼りになるお兄さん、一度話すとクセになるかも…w

(ヒロ)
早稲田大学法学部。
チーフバーテンダー。山口県出身の野球少年。情に熱い日本男児。酒とバーテンダー、そしてアニメについて語らせると長い。からその話は振らないほうがいい。スタッフ一の老けオーラ…あれ?何歳だっけ??

(なおみ)
2009年七月まで働いていた女性スタッフ♪上智大学からやってきたクールな彼女はいつもお酒を嗜んでいます。かなりの勉強家でとく教育学については現スタッフで右にでるものはいない。いつも考えごと中。彼女の深い世界まで迫ってみては?

(あらた)
早稲田大学文化構想学部
アートに音楽にアニメに…彼の世界は広がるばかり。ウンチク王。感性豊かなハンサムボーイ。話してると新しい世界がみえてくるかも!

(ようすけ)
早稲田大学文化構想学部。5代目店長
ちょっとキャシャなかわいいシャイボーイイケメン!ひたむきなその姿は優しい雰囲気とは裏腹にアツい想いに満ちている。ゆうずうのきかない馬鹿正直なとこも、みんな結構好きだよ陽介。

(やまむぅ)
早稲田大学商学部。6代目店長。
馬場で生まれ馬場で育った高田馬場に欠かせない存在!?長身でクールな声でうまっ!目指せ馬場王、早稲田王、10°王!!彼の落ち着いた、時に爆発するテンションに癒されに来てみてわ?!

(ふるーちぇ)
早稲田大学商学部。7代目店長。
千葉の田舎から上京してきたフィリピン系イケメン!毎日をストイックに生きるがゆえに家に帰れない。他のstaffからの無茶ぶりの対象だが、あんまり笑いがとれないことで悩んでる。がんばれ!w

(かずし)
早稲田大学商学部。
博多育ちの常に笑顔な爽やか系男子。何気に勉強家な一面を兼ね備えていて、博多トークになると我を忘れる。普段は笑顔で爽やかだけど、酔っぱらうと…… 

(かやま)
早稲田大学文学部。専攻はドイツ文学。
アカデミックな分野からバカなことまで幅広いトークができる彼は今年で23歳。 文学の造詣は深く、アルコールにおいてはstaff史上最弱。 小さいながらも頑張り屋の彼の滑舌は要チェック!w
(あべこー)
早稲田大学商学部。
久しぶりのスポーティ系staff。この男、根っからの野球少年でかなり真面目な性格。 staffの中で一番スポーツに関心があり、野球関連の話はかなりマニアック。 なかなか無茶ぶりに答えられないのが玉にきず。みんなどんどんふってあげてください!

(きたがわ)
第8代店長。 早稲田大学政治経済学部。札幌出身。
10°bar初の政経だが、勉強というより得意分野は絵画、音楽というアートな人物。 ちなみに単位は常にピンチ。 年齢に似合わず、落ち着いた雰囲気の持ち主で、 今宵はキタガワワールドでお酒を飲んでみては?

(おおもり)
早稲田大学国際教養学部。
あだ名はゆーこ。留学帰りで空手も教えてる10°きってのガチムチ系。 某私大から仮面で早稲田に来たという早稲田大好きっ子ではあるが、フランスと早稲田以外のキャラ立ちを模索中。 ぜひとも彼に広い世界を見せてあげてください!

(れんし)
早稲田大学文化構想学部。
根っからのバスケ少年。阿部以来の球技系男子だが、目つきがかなり怖いw 実は家具や食器とかを見るのが好きという顔面に似合わない趣味もある。 クールでありながら熱いところもある、れんしのギャップが面白い!

(いたばし)
早稲田大学商学部。
都内随一のオシャレプレイスの元バーテンダー。 酒と猫と釣りが大好きで、語らせるととまらない。 日々ストイックに生きる彼は、今日も終電後に店内でお酒を作っておりますw 普段は守りに入ってしまいがちなので、どんどんふってぶっ飛ばせてあげてください!

(たいち)
法政大学社会科学部。
高田馬場10°barに新たな風を吹かす笑顔がフレッシュな爽やかボーイ。 江戸の魔境足立区出身という事で某大森と同郷でありながらもその爽やかさは全くもって上位交換。 今の体型からは想像もつかないがラグビーに高校時代打ち込んだ過去も。 まだまだ先が長い彼、(色んな意味で)可愛がって成長させてあげてください!


Recent Comments
  • ライブドアブログ