2005年09月

2005年09月30日

店名決定!!

7bf5da65.JPG店名決まりました@早稲田のサイゼリア
今日はみんな頭がキレキレだったわ

発表します
その名も・・・

「10°」

これには俺らのアスピレーション(熱意)が込められているんです。
それはまた後ほど。

とにかく今は店名が決まった嬉しさを早くブログに書きたくて

わーいばんざーいこれからも頑張るぞー

bababar123 at 03:58コメント(7)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月28日

ごめんなさい・・・でも・・・

ごめんなさい。
3バカトリオの姿も店名も今日は発表できません
いろいろと事情がありまして・・・
まあ天然のじらしってやつです。笑

その代わりと言ってはなんですが
今日は2つの写真をお見せします。
まずは店の外の風景。
立地は高田馬場駅から徒歩30秒
超近い
ただ通りの先が行き止まりなのがちょっと難点
立地







次に店の中の写真。
といっても工事前なのでボロボロだけど。
ここが伝説のバーと化すんだよな〜わくわく
内観







早く店名を決めたい。
でもめっちゃ大事なことだから、妥協はしたくない。
「SAIS」・・・うーん・・・

bababar123 at 23:51コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月27日

店名決めなきゃ〜

かっちゃんが昨日言ってたように、
そろそろ店名を決めないとプロジェクトの進行に支障が出ることを実感
深夜、夜中特有の軽いハイテンションの中、3人でどんどん案を出していった。
その中で注目すべき(?)案を少しお見せします

・良い意味でバカ共が運営し、バカ共が高田馬場に集まるから
 「タカダノバカ」
 ハノチさんのお気に入り。

・店のキーワードである「才能」と「バー」の組み合わせ集

 「ability」+「bar」→「abibar(アビバー)」
 こういうパソコン教室あるよね。
 
 「bar」+「talent」→「bartale(バータレ)」
 バカタレの意味も込められてて俺(わたる)は好き

 「才」+「馬場」+「バー」→「サイババー」
 これは思いついたとき、キターーーと思ったね。笑

でも一番有力なのは
「才(才能)」「再(再会、再来)」「彩(アート、クリエイティブ)」
の意味が込められた「sai」の複数形で
「sais」「SAIS」

皆気に入ったんだけど、
やっぱり他の協力者の意見も聞きたいと思って
今日完全決定するのはやめました。

明日内装デザインしてくれる人達と会うので意見を聞いて
明日には店名を決めたいです

そしてついに明日、3バカトリオの顔が明らかに

bababar123 at 23:20コメント(4)トラックバック(0)10°bar設立まで 

内装組会議

本日内装組の話し合いしてきました。

場所は新宿のフレッシュネスバーガー。
まったくフレッシュじゃないフレッシュネスでの話し合い

メンバーは岩見さんたち美大生3人と僕かちゃーん。
ひとつフレッシュだったのは、そのうち一人が初対面だったことかな。

話し合いの内容はお店にとっての主役は何か?それをどこにもってくるか?
僕らのバーは学生の優れた作品の展示を考えていて、
作品が主役ならこうあるべきだ、
いやいや、これじゃお客の動線が確保できないよ、
むしろ店員とお客が話しやすい形にしたほうがいい、

・・・店の内装はこれがかっこいいからと単純に決まるものではないのねー

バーカウンターの位置を変えてみたり、バーカンとテーブルをくっつけて見たり、
テーブルの形を丸くしたり、斜めで切ったり、フライドチキンの形にしてみたり

一筋縄にはいきません・・・

結局のところまたこいつが問題として浮上!

店名が決まんないと・・・

水曜にはまた内装組とまた会う予定。
店名決めないと進まない・・。
サクッときめなきゃな・・。

bababar123 at 02:22コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

はじめまして。3バカのひとりです。

どうも。馬場バーメンバーかっちゃんことかつのりです。
初投稿めっちゃ緊張すんね。

まず自己紹介。
わたると同じく早稲田大学、学部は法学部で4年。
現在すでに留年が決まっていて親からは呆れられる

実家は神奈川横浜の金沢文庫ってとこ。
よく電車のってるガキんちょが口を横に引っ張って、
「かなざわう○こ〜」ってやってるけど、その金沢文庫。
比較的平和な環境だけど、すくすくのんびりというよりはじめじめげんなりな感じで育っったのかな
子供のころは血統書みながらダビスタやってる危険な少年でしたよ。

今の趣味は音楽にインテリア。
最近DJをはじめて、ますます音楽にはまってます。
野外でおどり狂うのが好きです。もちろん着衣で。
あと実はもうひとつは学校にいってて、
高校受験の波にのまれ必死に勉強して早稲田に通うことにはなったけど、
絵やものづくりが好きでどうしても将来そっちの世界で食ってきたいって思い、
今は桑沢デザイン研究所の夜間部にも通ってます。
ちなみに通うことになったときもちろん親に呆れられる

んでね、なぜ俺がバーを開きたいとおもったか。

バーテンとして1年以上働いてて、バーの魅力にはまってたこと。
将来お店をデザインするかプロデュースすることを仕事にしたいと思ったから。
40過ぎたらお店をひらくのが夢だったから。
こういう自分の状況もあり、そしてタイミングよくはのちーからのお誘いもあってやったるで!と現在にいたるわけです。

親にこれ以上呆れられると親子の関係も切られかねないので、バーの開業に関しては親には内緒です・・・

口癖は
まいっか

まあこんなダメオーラたっぷりのわたくしですが、今回のバーはマジっす。
これからの僕らの奮闘ぶりをお楽しみに。

あと付け加えて、恋人募集中でーす












bababar123 at 01:52コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月25日

男だらけの決起集会!!

夜、渋谷のとある居酒屋(といってもごく普通の)の個室(といっても隣で合コンやってるやつらがめっちゃうるさかったけど)で、
バーの決起集会をした。
まあ全員は集まらなかったけど。

メンバーは俺、かっちゃん、ハノチさんの3バカトリオ
内装デザイン担当の岩見君
web担当の大橋君、尾花君
グラフィックデザイン担当の佐藤君の7人。

全員オトコ

何が悪い

みんなで乾杯して、さっそく本題へ。

隣の合コン組がレイザーラモンのマネしだしてフォーフォーうるせー・・・

けど本題へ。

コンセプトの確認、内装デザインやwebの途中経過報告などをして
わいわい話し合った。

やっぱり問題は山積みだ。

でも一つ大問題があった。

店名決めねば

じゃないといろいろ進まないことが多いことが判明。
クリエイティブな才能に乏しい頭をヒネリにヒネって考えます。

あともう一つ大問題。

女の子スタッフが欲しい

現在メニュー作りに協力してくれる女の子が1人いるが、
もっと欲しいー
俺らのモチベーションに関わってくるから大事だよね、うん。
これ読んでくれた人誰か立候補してくんないかな〜なんて思いつつ。
明日からまた頑張りまーす

bababar123 at 23:19コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月24日

親に断られた・・・

6ec5cd9c.jpg弟(インテリアデザイン系の専門学校生)の作品が東京都美術館に出展された。
それを見るために親が東京に来た。
俺も一緒に見に行くことに。

弟の作品は写真のように一見大きさが少しずつ違う立方体だが、
「陰陽五行」をテーマにした模様が彫られてあって、
凝った作りでなんかすごかった。
アニキながらちょっと関心。
使えたらバーで使ってやろうかな。

その後親とランチ
その時に保証人になってほしいことを頼んだ。

が、断られた・・・

そんなお前の勝手な行動の面倒までは見れない、と。
そういやうちの親は良くも悪くも俺のことは放任主義だったな。

てか親を頼ろうとした俺が間違ってたか。
仕方ない、諦めよう・・・

その後他のメンバーと会って、事情を話したら
「保証人のアテは他にもいるから大丈夫」とハノチさん。
でもその人も簡単ではないらしい。

やっぱ世の中ってそんなに甘くないな〜

bababar123 at 21:54コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月23日

恒例の深夜会議

困ったときはファミレスで深夜会議をする
今日はかっちゃんが深夜バイトがあるので、ハノチさんと二人。

俺がファミレスに着くと既にハノチさんがいた。
開口一番
「お前個人事業主になんない?」
え、俺が

当初は5年決定(6年も危うい!?)のかっちゃんが個人事業主になる予定だったが
色々と家庭の事情があり、万が一親にバレるとヤバイらしい。
てかバーをやること自体親には内緒なのだ。

なるほど。
で俺ね。

・・・でなんで俺なの

何を隠そう、俺の内定先はサイドビジネスOKなのだ。
(もちろんいろいろ制限があるが)

でも個人事業主になると色々大変なんじゃ・・・

ん〜でもよくわかんないし面白そうだからまあいっか

ということで俺が個人事業主になることになりました

んでさっそく物件を契約するときに俺の名義でやることになったのだが
やはり保証人が必要だ。

明日ちょうど親がこっちに来るから
頼んでみよう。
まあOKしてくれるだろう。

bababar123 at 04:08コメント(0)トラックバック(0)10°bar設立まで 

2005年09月21日

バー作るぞー!

初投稿

これからバーのこと色々書いてこうと思います。

バーの説明とか進行状況は別枠で書くとして、
まずは俺の自己紹介から。

「わたる」です。
早稲田大学商学部の4年生。

実家は伊豆のド田舎で、
何を隠そう俺はみかん農家の長男である。

「田舎はヤダ」「農家の長男なんてヤダ」という反抗心(?)から、
ファッションや音楽など、オサレなことに早くから興味を持った。

当然(?)農家は継がず(まあそこには数々のドラマがあったんだけど)
大学生になって上京し、すっかり都会っコになっちゃった。

でも今はド田舎な故郷も、農家の長男という肩書きも気に入ってる♪
だってギャップがあるってイイじゃん!!て思って(笑)

ってまとまらない自己紹介はこの辺にして、
なぜ俺がバーをやろうと思ったのかを少々・・・
まあ俺が言いだしっぺじゃないんだけどね。

就職先も無事決まり、
もともといろんなことやってたから、
それなりに忙しい毎日を過ごしていた。
でも何かもの足りなかった

もっとオモロイことがしたい

そう思っていたある夏の日。
友達の口からこんな言葉が飛び出した。

「ハノチさんとかっちゃんがバー作るらしいよー。」

・・・これだ

次の瞬間俺はハノチさんに連絡していた。
「俺もやりたい!」
と。

「出資できる?」
「使える有り金全部出します!」


・・・即答してやったぜ。ふふ。

もともと「いつか自分の店を持ちたい」という思いが密かにあった。
それが叶うチャンスがこんなに早く来るなんて・・・
これを逃さない手はないっしょ!

こういう時はノリと勢い!
それに今、学生のうちにやることに意味があるんだよねー。

それにこういう経験てプライスレスじゃん

こうして俺もバー作りに参加することになったわけなのです。

bababar123 at 01:35コメント(3)トラックバック(0)10°bar設立まで 


10°bar (JUDE BAR)
人生を10°変えるきっかけが見つかるバー@高田馬場
全て学生の手作り。


人は出会いによって成長する。

そんな出会いにあふれた場所を作りたい。
人生が10°変わるような出会いやきっかけにあふれた場所。
そんな思いからできたbarです。

たくさんの人が集まり、出会い、さまざまな話を通して、だれもが成長する場所を目指しています。




東京都豊島区高田3-10-11 草原ビル4F
営業時間 日〜木 18:00~26:00
金土祝前日 18:00〜29:00
定休日  毎月第二日曜日(月曜を含む三連休は月曜定休)

<創設メンバー>
立ち上げたメンバーはすでに引退し、社会人となっています。

(ハノチ)
元早稲田大学教育学部。
10°bar初代代表。
広告研や学祭スタッフとして活動する中で、多くの刺激と成長を与えてくれた今までの全ての出会いに感謝し、さらなる愉快な出会いを求めてバーを作ろうと考えた。『夢』を語る彼には多くの人が集まる。素敵な社会人になった彼は、今では深夜の飲んだくれのお客様w


(わたる)
元早稲田大学商学部。
実家は伊豆のド田舎でみかん農家の長男。でも音楽とファッションと女のコをこよなく愛する。そんなギャップを楽しむ、貧乏で食いしん坊な永遠のティーンエイジャー。そんな彼は今では超優秀な営業マン!女の子も顧客もしっかり接待します。

(かつのり)
元早稲田大学法学部。
元クラブバーテンダー出身。典型的なO型、マイペースでてきとー。好きな酒はテキーラ。ビバスローライフスローフード。歴代ミスターバーテンダー。はっきりいってかっこよすぎ。だけど実は…ふふw

(けんじ)
元学習院大学
初代店長。
幼少期からお荷物球団、ロッテを愛してやまない。世の中を斜に構えて見てしまうクールさの反面、初芝引退時には嗚咽、号泣。そんなハートウォーマーな一面も。貧乏旅行が好きで野宿もいとわない。頭のキレる頼れる男。モットー『人生に戦略をもとう』


<現役スタッフ>


しょーま
10°bar10代目店長
早稲田大学文化構想学部5年
元早稲田祭運営スタッフ代表
小さい身体と落研で培ったワードセンスを武器に今日も戦う!
「俺ははげてねえ、常に前進してんだよ!!」

ながぴま
編集中...

遼介
早稲田大学教育学部3年
高身長、イケメン、可愛い彼女持ちの役満野郎ですが皆から愛されるのには理由があるのです!
「皆様のご来店(特に女の子)お待ちしております。」

はら
早稲田大学基幹理工学部5年
元10°bar4年次スタッフ
10°CAFEのオサレな空気感に馴染めず移ってきた…なんてことはないです。
あーほんと、留年するとは、てかまさか10°bar入るとは、あー、でも楽しいからおっけーでしょ!
「何だかんだ俺がこのバーで一番まともだと思う。」

ハト
立教大学社会学部2年
浪人して大学に馴染めず、サークルを辞め、くすぶっていた彼が見つけた居場所がここ、10°barでした。
無口な振りして話し出すと結構止まらないぞ!
「僕の彼女、コスプレイヤーなんですよ。」

もえか
編集中...
くるみ
編集中...


<10°bar OB・OGスタッフ>

(たかと)
元早稲田大学教育学部。
われらが2代目店長高戸さん。やさしくて、聞き上手でそれでいてちょっと抜けているところが愛らしい先輩。独特のオーラを放つ癒し系中の癒し系。普段はポーカーフェイスなのに酔うと笑顔がかわいい。

(ういちゃん)
10°bar初の女性スタッフ。みんなのアイドルかわいいういちゃん。小動物系。彼女に会えなかった人・・かわいそう。w

(きぬがわ)
10°barのぶっこみ隊長TKC(TaKaShi)。その明快な頭脳とフレームに収まらないぶっとび方はいい意味でも悪い意味でも驚愕。後輩に優しい衣川さん大好きです。

(つどい)
3代目店長。なにからなにまで気合の入った浅草育ちの若人。物知り、頭脳明晰、仕事の鬼。だけど本当は心優しい寂しがり屋。勘違いしないように!

(しんちゃん)
早稲田大学第一文学部 。
秋田育ちの爽やか好青年。スタッフ一さわやか!でも実はかなりの負けん気の強さをもつ渋い男。そのギャップにやられちゃうぜ〜。都会の昼に疲れたら、彼の笑顔を見にこよう!

(カズ)
早稲田大学法学部。
4代目となる店長、御舘和也。心優しきみんなのリーダー。ミスターフレンドリーカズ!話しやすくて安心するのに反し、意外に深い考えの持ち主。スタッフ一器の大きい彼はスタッフ、お客さん問わず愛されています。この頼りになるお兄さん、一度話すとクセになるかも…w

(ヒロ)
早稲田大学法学部。
チーフバーテンダー。山口県出身の野球少年。情に熱い日本男児。酒とバーテンダー、そしてアニメについて語らせると長い。からその話は振らないほうがいい。スタッフ一の老けオーラ…あれ?何歳だっけ??

(なおみ)
2009年七月まで働いていた女性スタッフ♪上智大学からやってきたクールな彼女はいつもお酒を嗜んでいます。かなりの勉強家でとく教育学については現スタッフで右にでるものはいない。いつも考えごと中。彼女の深い世界まで迫ってみては?

(あらた)
早稲田大学文化構想学部
アートに音楽にアニメに…彼の世界は広がるばかり。ウンチク王。感性豊かなハンサムボーイ。話してると新しい世界がみえてくるかも!

(ようすけ)
早稲田大学文化構想学部。5代目店長
ちょっとキャシャなかわいいシャイボーイイケメン!ひたむきなその姿は優しい雰囲気とは裏腹にアツい想いに満ちている。ゆうずうのきかない馬鹿正直なとこも、みんな結構好きだよ陽介。

(やまむぅ)
早稲田大学商学部。6代目店長。
馬場で生まれ馬場で育った高田馬場に欠かせない存在!?長身でクールな声でうまっ!目指せ馬場王、早稲田王、10°王!!彼の落ち着いた、時に爆発するテンションに癒されに来てみてわ?!

(ふるーちぇ)
早稲田大学商学部。7代目店長。
千葉の田舎から上京してきたフィリピン系イケメン!毎日をストイックに生きるがゆえに家に帰れない。他のstaffからの無茶ぶりの対象だが、あんまり笑いがとれないことで悩んでる。がんばれ!w

(かずし)
早稲田大学商学部。
博多育ちの常に笑顔な爽やか系男子。何気に勉強家な一面を兼ね備えていて、博多トークになると我を忘れる。普段は笑顔で爽やかだけど、酔っぱらうと…… 

(かやま)
早稲田大学文学部。専攻はドイツ文学。
アカデミックな分野からバカなことまで幅広いトークができる彼は今年で23歳。 文学の造詣は深く、アルコールにおいてはstaff史上最弱。 小さいながらも頑張り屋の彼の滑舌は要チェック!w
(あべこー)
早稲田大学商学部。
久しぶりのスポーティ系staff。この男、根っからの野球少年でかなり真面目な性格。 staffの中で一番スポーツに関心があり、野球関連の話はかなりマニアック。 なかなか無茶ぶりに答えられないのが玉にきず。みんなどんどんふってあげてください!

(きたがわ)
第8代店長。 早稲田大学政治経済学部。札幌出身。
10°bar初の政経だが、勉強というより得意分野は絵画、音楽というアートな人物。 ちなみに単位は常にピンチ。 年齢に似合わず、落ち着いた雰囲気の持ち主で、 今宵はキタガワワールドでお酒を飲んでみては?

(おおもり)
早稲田大学国際教養学部。
あだ名はゆーこ。留学帰りで空手も教えてる10°きってのガチムチ系。 某私大から仮面で早稲田に来たという早稲田大好きっ子ではあるが、フランスと早稲田以外のキャラ立ちを模索中。 ぜひとも彼に広い世界を見せてあげてください!

(れんし)
早稲田大学文化構想学部。
根っからのバスケ少年。阿部以来の球技系男子だが、目つきがかなり怖いw 実は家具や食器とかを見るのが好きという顔面に似合わない趣味もある。 クールでありながら熱いところもある、れんしのギャップが面白い!

(いたばし)
早稲田大学商学部。
都内随一のオシャレプレイスの元バーテンダー。 酒と猫と釣りが大好きで、語らせるととまらない。 日々ストイックに生きる彼は、今日も終電後に店内でお酒を作っておりますw 普段は守りに入ってしまいがちなので、どんどんふってぶっ飛ばせてあげてください!

(たいち)
法政大学社会科学部。
高田馬場10°barに新たな風を吹かす笑顔がフレッシュな爽やかボーイ。 江戸の魔境足立区出身という事で某大森と同郷でありながらもその爽やかさは全くもって上位交換。 今の体型からは想像もつかないがラグビーに高校時代打ち込んだ過去も。 まだまだ先が長い彼、(色んな意味で)可愛がって成長させてあげてください!


Recent Comments
  • ライブドアブログ